いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本

ビロードのうさぎ」 ヒラP21さんの声

ビロードのうさぎ 作:マージェリィ・W・ビアンコ
絵・訳:酒井 駒子
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784893094087
評価スコア 4.83
評価ランキング 125
みんなの声 総数 119
  • この絵本のレビューを書く
  • ほんとうのものになったうさぎと絵本

    中学1年生の読み聞かせというものをはじめてしました。
    その課題として渡されたのがこの絵本。
    この絵本を読んで、酒井駒子さんの絵本と「ビロードうさぎ」の世界にのめり込んでしまいました。
    絵が素晴らしい。話が素晴らしい。
    抄訳と知って原型となる物語を読んでみると、見事に「ビロードうさぎ」のエキスが結晶となっていて、素晴らしさを損なうことなく酒井ワールドに昇華されていることが解ります。
    お手伝いさんが原書通りナナの名前を持ったことで、登場人物がはっきりイメージできました。
    それ以外は、とぎすまされた語りの向こうに物語りが拡がっていることを実感できます。

    行間の果てしなさと描かれた絵から拡がる宇宙。
    酒井ワールドの素晴らしさです。

    クリスマスのプレゼントとして渡されたうさぎと少年の心の通い合い。
    病気の少年への献身と、病気の菌のために焼かれてしまうという悲しさ。
    本当のうさぎに生まれ変わるという素晴らしさ。
    話自体に涙腺は刺激されっぱなし。
    クリスマスの時期に最高のプレゼントだと思います。

    その物語を自分の世界で再構築した酒井さんに乾杯!

    投稿日:2009/12/05

    参考になりました
    感謝
    4

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ビロードのうさぎ」のみんなの声を見る

「ビロードのうさぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / くっついた / ぼくのかえりみち / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

全ページためしよみ
年齢別絵本セット