新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

わたしのやま」 レイラさんの声

わたしのやま 作:フランソワ・オビノ
絵:ジェローム・ペラ
訳:谷川 俊太郎
出版社:世界文化社
税込価格:\1,540
発行日:2020年02月12日
ISBN:9784418208005
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,668
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 羊飼いの視点、狼の視点

    表紙の絵が意味深です。
    羊飼いの輪郭の中に描かれた、羊飼いの営み。
    以外にも、裏表紙は、狼の輪郭の中に描かれた、狼の営み。
    冒頭語られる作者の前書きが、この作品に込められた意図を重々しく語ります。
    表紙から前半は、羊飼いのモノローグが続きます。
    それは、山への思い、そして、同じく生きるものへの思い。
    裏表紙からは、まったく同じ文章で、狼のモノローグ。
    それらが出会う真ん中のシーンは、共存、でしょうか。
    鏡面のような位置関係も、その関係性を浮かび上がらせます。
    訳出は谷川俊太郎さん。
    詩人の持つ感性が研ぎ澄まされているように感じます。
    小学生くらいから大人まで、「生きる」視点を感じてほしいです。

    投稿日:2020/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしのやま」のみんなの声を見る

「わたしのやま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット