宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

不思議の国のアリス(洋書版)」 なーお00さんの声

不思議の国のアリス(洋書版) 作:ロバート・サブダ
原作:ルイス・キャロル
絵:ロバート・サブダ
出版社:Little Simon
本体価格:\4,000+税
ISBN:9780689847431
評価スコア 4.75
評価ランキング 802
みんなの声 総数 7
「不思議の国のアリス(洋書版)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 開いてすぐに、虜に

    「不思議の国のアリス」が好きなので、表紙を見て何となく買った絵本ですが・・・
    開いてすぐに、虜になってしまいました!

    単なるポップアップ絵本と思って開くと、良い意味で裏切られます。
    大人ですら、まるで、絵本の世界に迷い込んでしまったような気持ちになります。

    家族にも見せましたが、皆「どうなっているの?!」
    と、びっくりして何度も開いていました。

    原作のイメージを壊すことなく・・・いや、むしろ膨らませて、
    この一冊の中に 素敵な世界を閉じ込めています。

    繊細な仕掛けを施してある絵本なので、本来は大人向けなのかもしれません。

    ですが、小さい頃から、このような素晴らしい絵本に触れさせたいなと思いました。

    プレゼントにも、とてもお勧めの絵本です。

    投稿日:2013/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「不思議の国のアリス(洋書版)」のみんなの声を見る

「不思議の国のアリス(洋書版)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


せなけいこさん50周年記念連載 第2回 本多慶子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット