貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ボードブック だんまりこおろぎ」 ぐーたれさんの声

ボードブック だんまりこおろぎ 作・絵:エリック・カール
訳:くどう なおこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1997年
ISBN:9784032371307
評価スコア 4.27
評価ランキング 15,111
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く
  • 秘密の本棚から出す日

    わが家には秘密の絵本棚があります。
    わたしのクローゼットの中にあって、子供(6歳と2歳の男の子)たちは
    絶対に触ってはいけないことになっています。
    まだ読んであげていない絵本がしまってあるのです。

    この「だんまりこうろぎ」も長い間その絵本棚にしまってありました。
    虫が大好きになってから読んであげようと思っていたからです。
    夏休みに虫捕りを楽しみ、カブトムシとクワガタを飼い、
    すっかり虫好きになった息子たち。そろそろ出してあげようかな、
    と思った矢先、わが家で少し悲しいできごとがありました。
    その晩、私はこの本を手に取りました。

    6歳の息子は「一番後ろが厚くなってる」と鋭い指摘(笑)。
    「そう?」なんてごまかしながら読み始めました。
    3ページ目あたりからは「うたえなーーい」と3人で声をそろえながら。

    そして最後のページ。
    「りーーーん、りーーーん」と音が響きました。
    しばらく黙る2人。そして・・・「わぁ・・・・」と。
    驚きなのか嬉しさなのか、何とも言えない表情で。

    「すごいね、どうして?」と言いながら閉じたり開いたり。
    しばらくすると6歳の息子は「電池がなくなっちゃう!」と
    言って、下の子から取り上げていましたが(笑)。

    少し悲しい出来事と2人の「わぁ・・・」といった時の顔を
    わたしはセットでずっと忘れないだろうなぁと思いました。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ボードブック だんまりこおろぎ」のみんなの声を見る

「ボードブック だんまりこおろぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット