まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

パンタのパンの木」 Maiyonさんの声

パンタのパンの木 作・絵:そがまい
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784338180092
評価スコア 3.88
評価ランキング 37,818
みんなの声 総数 7
「パンタのパンの木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 「親切」と「要領が悪い」のは別物。

    大好きなパンをいつもみんなに分け与えていたら、最後はみんながお返ししてくれた(もしくは直接返してもらえなくても、他の人から親切にされる)ということが言いたい本だというのは理解できますけれども、この本の少年は、親切なんじゃなくって、ただの間抜にしか見えません。

    空腹で倒れそうな登場人物に分けてやるのはまだしも、小狡い登場人物にまで毎回アッサリ持って行かれるんですよ。何故毎回毎回木に実ったパンを根こそぎ全部渡してしまうのでしょうか…。(渡してしまうというより、あっけにとられている間に持っていかれるという場合もあるんですが)それも合計5回も。

    ふざけたネズミの親子に持っていかれた時には、読み聞かせているこちらのイライラも最高潮。

    どう見てもパンタは優しい子というより、要領の悪い子。

    子供に親切や思いやりを教えてやることは親の務めですが、世の中に生きて行くのに要領というものも教えてやるのもまた親の務め。

    ラストのまとめ方も無理やり感が強く、なんだこりゃ…という絵本でした。

    主題自体はいいと思うんですが。
    パンの種を蒔いたら木にパンが実るっていう発想も面白いと思います。
    我が家の3歳児には楽しかったようで、喜んでいます。

    投稿日:2011/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「パンタのパンの木」のみんなの声を見る

「パンタのパンの木」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / くまのコールテンくん / 3びきのかわいいオオカミ / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット