もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」 みゃんみゃさんの声

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫 作:宮沢 賢治
絵:田島 征三
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784895881135
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,523
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く
  • 迫力満点!

    息子の好きな「どんぐり」を題材にしたお話ということで、読んでみました。
    実は私、宮沢賢治さんのこの作品読んだことがなかったのです。

    「めんどな裁判しますから・・・」という山猫のはがきに誘われて、いちろう少年が山猫のところに向かうのですが、たどり着くまでの描写もクスっと笑えたり微笑ましかったり。
    どんぐり達が出てくるのはお話の後半になってから。
    お待たせしました、とばかりに凄い数のどんぐり達で見開きページが埋め尽くされています。
    どんぐり達に向かって怒鳴る山猫の迫力もさることながら、どんぐり達で埋め尽くされたページも見応えあります。
    それぞれのどんぐりの形や表情を細かく見るのもまた、なかなか楽しいです。
    また、ラストにかけての山猫の言動にも、思わず微笑んでしまいました。なぜって、子供が少〜し偉そうにしたがっている、そんな風に思えて。

    お話と絵が相まって、長く記憶に残りそうな絵本です。

    (注:まだ小さく、とても怖がりなお子さんの場合、馬車別当の顔に怖がるかもしれません。かなり強烈な顔なので…いい味は出しているのですがね…。)

    投稿日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」のみんなの声を見る

「宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おつきさまこんばんは / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / うずらちゃんのかくれんぼ / キャベツくん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット