宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」 ととくろさんの声

宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫 作:宮沢 賢治
絵:田島 征三
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784895881135
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,517
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く
  • 勢いにすいこまれる〜! 受賞レビュー

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    ある日、おかしなはがきを受け取った一郎。
    彼は山猫裁判に召集されたのです。
    そこではたくさんの金のどんぐりたちが
    誰が一番かで揉めているのでした。

    文字だけでもドキドキワクワクの宮沢賢治の童話、
    それに田島征三さんの力強いタッチの絵がつきました。
    流れるような草木やワーっと集まるどんぐり、
    山猫のその口!
    見ているとその勢いにすいこまれそうになります。
    独特の絵とお話に魅了されました。

    気になるのは、どこもかしこも不思議な中で
    どこか生真面目に扱われる、召集はがきの描写。
    一郎がそれに関して最後にちょっと後悔もしているため、
    切ない余韻としても残ります。
    メールでやりとりしてばかりの今、
    彼らが文章や文字の扱いで、一喜一憂したりする様子が
    興味深く、愛おしいですね。

    シンデレラのように
    魔法の時間はフッと終ってしまいます。
    馬車が一郎の家についたら、
    山猫らは消えてしまい、金のどんぐりも茶色に。
    秋には必ずどんぐり収集家、
    そんな娘は特に残念そうでした。
    そして、
    「金色だったのは光のせいだったんじゃない?」と。
    そうだね、山猫らがいたのは、
    眩い光の指す、特別な場所だったのかも。
    最後のページ、
    ますの中のどんぐりを覗き込む一郎を見て
    それが輝いていた時間を一緒に想ってしまいました。

    子どもの大好きなどんぐりや猫がでて、
    絵にも強烈なインパクトがあるので
    低年齢からでも読ませやすいと思います。
    秋を感じながら読むのにぴったり。
    親子で楽しめる、ユニークな絵本です☆

    投稿日:2015/09/29

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」のみんなの声を見る

「宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おつきさまこんばんは / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / うずらちゃんのかくれんぼ / キャベツくん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット