季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
どんぐりむらのいちねんかん

どんぐりむらのいちねんかん(学研)

プレゼントキャンペーン〆切迫る!あたらしい年に読みたい1冊!

  • 学べる
  • 役立つ

12の月たち」 さみはさみさんの声

12の月たち 作:サムイル・マルシャーク
絵:ダイアン・スタンレー
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1986年
ISBN:9784566002654
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,546
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • シンデレラとはひと味違う

    継母とその連れ子である姉にひどい扱いを受ける娘の話です。娘に名前はつけられていません。真冬だというのに、継母の言いつけで、姉の誕生日のために、春に咲くマツユキソウを取りに行かされることから話が始まります。

    森の空き地に集まっていた12の月がこの娘を助けたくなり、娘の望むマツユキソウをさかせてくれます。それを見た継母と姉はもっと良いものをもらってこようと欲を出し、死んでしまうという展開です。一方の娘は結婚をし、子供にも恵まれ、幸せに暮らすというハッピーエンドです。

    シンデレラと同じような型ですが、王子様に嫁入りするという贅沢な結末ではないところが素朴で味わい深いと思います。姉が欲張ってほしがるものさえ、りんご、なし、いちご、きのこ、きゅうりなどです。それだけ東欧は自然条件が厳しく、つつましい生活を余儀なくされていたということでしょうか。

    話がその単純な展開の割に少し長いような気がしましたが、スラブ的な雰囲気の漂う絵は美しく心に残ります。

    投稿日:2010/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「12の月たち」のみんなの声を見る

「12の月たち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット