でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

急行「北極号」」 きよぴこさんの声

急行「北極号」 作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:村上 春樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784751519998
評価スコア 4.75
評価ランキング 717
みんなの声 総数 82
  • この絵本のレビューを書く
  • 鈴の音はどんな音かな

    • きよぴこさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    子供のころは確かにサンタクロースはいると信じていた。
    いつだったかな「サンタクロースはいないんだよ」って言ったのは。
    自分の子供もサンタクロースがいないといったのは幼稚園の時だったから、そのころかな。

    サンタクロースと小人たちがいる街北極点。
    その北極点に子供たちを連れて行ってくれる急行北極号。
    そしてプレゼントの第一号に選ばれるぼく。
    サンタを信じる子供たちにはまるで夢のような出来事ですよね。

    そしてプレゼントに選んだのはトナカイの首についた銀の鈴。
    高価なおもちゃではないところがいいですね。
    ぼくにとって待ち遠しく、そして大切なもの。

    私も幼い時には信じていた大切なもの。
    あのころのまま持ち続けていたら、私も急行北極号に乗れたかもしれない。
    サンタクロースが来るのを心待ちにしていたあのドキドキ感はもう味わうことはないんだな。嘘だとしても信じていたほうが素敵なことってあるんだよね。そしてそれを心から信じることはもっと素敵。


    読み聞かせにも使いました。
    もうサンタクロースなんて信じていない5年生。
    でもこの本を聞いて昔のドキドキ感を少しは思い出してくれたかなぁ。

    ------------
    読み聞かせに使った学年:5年生
    子供の反応:★★★★☆
    所要時間:12分程度

    投稿日:2010/11/24

    参考になりました
    感謝
    3

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「急行「北極号」」のみんなの声を見る

「急行「北極号」」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット