宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

急行「北極号」」 カトリーヌみどりんさんの声

急行「北極号」 作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:村上 春樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年11月
ISBN:9784751519998
評価スコア 4.75
評価ランキング 717
みんなの声 総数 82
  • この絵本のレビューを書く
  • 「これって本当のお話?」

    読み終えると7歳の息子がすぐに
    「これって本当のお話?」「これって写真?」
    とキラキラした目で聞いてきました(*^_^*)
    憧れのサンタについて、サンタが暮らす街について、知ることができて嬉しい!といった感じでした。

    神秘的で美しい絵を見ていると、聖夜の澄んだ空気、静けさ、北極点の街の輝きに引き込まれていきます。

    もし、本当にサンタの街があったとしたら・・・。
    きっと、こんなに美しい街にちがいない!
    と大人の私も思えてきます。
    子ども達の、いや、大人も含めたみんなの「夢」ですものね。

    クリスマスの夜に迎えに来てくれた急行「北極号」。
    今年のクリスマスには息子達も連れて行って欲しいなと本当に思いました。
    素晴らしい絵本に感謝したいです。

    投稿日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「急行「北極号」」のみんなの声を見る

「急行「北極号」」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット