話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

ママはかいぞく」 Pocketさんの声

ママはかいぞく 作:カリーヌ・シュリュグ
絵:レミ・サイヤール
訳:やまもと ともこ
出版社:光文社
税込価格:\1,650
発行日:2020年03月25日
ISBN:9784334962401
評価スコア 4.22
評価ランキング 23,230
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 繰り返し読めば読むほどに・・

    テレビで取り上げられていて手にした絵本です。
    初め、この絵本がどのような内容なのかを知らずにぺーじをめくりました。

    数ページ読んでいると‥、見えてきました。この絵本が伝えようとしていることが・・。

    ママはかいぞく。 
    このタイトルにママの気もち、葛藤、苦しみ、そして生きる希望、
    色々な思いが見えてきました。
    それと同時に、この絵本を翻訳されたやまもとともこさんも素晴らしいなと感じました。

    まず、この絵本に登場する「カニなんてへっちゃら号」という海賊船の名前。
    これひとつをとっても、きっと作者の思いを組んで悩んで訳されたことが見えてきました。
    作者の思いをうまく日本語に訳して読者に伝えるという任務はとても難しいものではなかったかなと。

    私もあとで知りました。西洋でCrabeはがんでもありカニでもあるのだそうです。

    海賊というストーリーと、ママが乳がんであるというストーリーの二つを読者に伝えながらこという点は、きっとご苦労もあったことと思いますが、私たち読み手にもしっかりとその感情が伝わってくる素晴らしい絵本です。

    2人に1人はがんになるともいわれている時代です。
    がんと闘うママもたくさんいることでしょう。

    何度も何度も繰り返し読むほどに心に感じるものがこみあげてくる一冊です。

    投稿日:2021/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ママはかいぞく」のみんなの声を見る

「ママはかいぞく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット