なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

うるわしのセモリナ・セモリナス」 えりこぷたーさんの声

うるわしのセモリナ・セモリナス 作:アンソニー・L・マンナ クリストドウラ・ミタキドウ
絵:ジゼル・ポター
訳:木村由利子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年
ISBN:9784892387807
評価スコア 4
評価ランキング 20,923
みんなの声 総数 4
「うるわしのセモリナ・セモリナス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • たくましいお姫さま

    ギリシャ民話なので、ご存知の方も多いのかもしれませんが、
    私はこの絵本で初めて知ったお話でした。
    お姫さまが素敵な恋人がほしくて、アーモンドやセモリナ粉をこねて作った
    人形がお祈りによってほんものの男性になるという、昔話ならではの独創性が好きです。
    その男性がとても優しく美しかったため、異国にさらわれてしまうのですが
    お姫さまは泣き寝入りなんてしません。恋人を取り戻すための旅に出るのです!
    自分の力で再び幸せをつかもうとするお姫さま、素敵ですよ。
    旅の途中で出会う人(?)たちもなんともユニーク。

    小学生以上のお子様なら十分楽しめるストーリーだと思いますし、
    ちょっとロマンチックな要素もあるので大人にもオススメです。

    掲載日:2007/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うるわしのセモリナ・セモリナス」のみんなの声を見る

「うるわしのセモリナ・セモリナス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / こねこのチョコレート / かぼちゃスープ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット