新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

中国の昔話 九色のしか」 レイラさんの声

中国の昔話 九色のしか 文:リン・シュウスイ
絵:リャオ・ジャンホン
訳:宝迫典子
出版社:あかつき教育図書
税込価格:\1,760
発行日:2020年05月
ISBN:9784867020296
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,604
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 中国の昔話、と副題にありますが、
    不思議な題名と、古代シルクを模したという背景色にオーラを感じました。
    台湾の作家コンビによる作品です。
    実は、敦煌壁画に描かれた、ブッダのエピソードが基になっているようですね。
    神々しい鹿の姿は、そこからにじみ出ていたのでしょう。
    語り手は、何と一羽の鳥。
    こちらも神鳥のようで、日本に伝わったヤタガラスにあたるそう。
    道理で、未読のうちから、吸引力があったわけです。
    ある薬草取りのエピソードです。
    美を求める王妃の命により、薬草探しに出かけるのですが、
    川に落ちたところを九色(くしき)の鹿に助けられるのですね。
    ところが、このことを口外しないよう言われていたのに、
    欲にくらんで王妃に口を滑らせるのですね。
    神々しい鹿が、すごい存在感です。
    その教訓が身に沁みます。
    その背後にブッダの教えが立ち昇るように感じました。
    小学生くらいから大人まで、しっかりと感じてほしいです。

    投稿日:2020/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「中国の昔話 九色のしか」のみんなの声を見る

「中国の昔話 九色のしか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット