話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

中国の昔話 九色のしか」 にぎりすしさんの声

中国の昔話 九色のしか 文:リン・シュウスイ
絵:リャオ・ジャンホン
訳:宝迫典子
出版社:あかつき教育図書
税込価格:\1,760
発行日:2020年05月
ISBN:9784867020296
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,602
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • わたし(主人公)は小鳥です
    王宮は砂漠に たっていた   そんな昔の中国の昔話です

    王妃は「どうしたら じぶんがうつくしくなれるだろう?」
    そんなことばかり考えていたのです
    そして 薬草に 人を美しくするのがあるからと 
    薬草取りに  取りに行かせるのです
    この薬草取りを 私は追っかけていくのです(飛んでいく)

    薬草取りは小鳥たちの話から 九色のしかを 水辺で見かけるのですが 見とれて・・・ 転げ落ち 川にはまったのを 九色のしかに助けられるのです

    美とは何でしょう? 王妃が求めた美とは?

    薬草取りは なぜ? 九色のしかとの約束を守れなかったのか?
    人間の心の 悪しき姿
    九色のしかは 愚かな人間に 何を教えているのでしょう?

    仏陀の 仏教の教えがこめられているそうです
    それを 読み取れるかは 読む人の 心かなと思いました

    投稿日:2020/09/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「中国の昔話 九色のしか」のみんなの声を見る

「中国の昔話 九色のしか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット