話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • かわいい
  • 盛り上がる
  • 全ページ

もみの木」 梨華さんの声

もみの木 作:アンデルセン
絵:スベン・オットー
訳:きむら ゆりこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,553+税
発行日:1984年
ISBN:9784593521128
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,574
みんなの声 総数 5
「もみの木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • このアンデルセンの『もみの木』は、スベン・オットー・Sさんが、
    『ファンタジーの世界では何が起こっても不思議でないところが素晴らしい。人間も灰色の日常の顔をかなぐり捨て、愛したり悲しんだりする感情を見せると面白くなる。だから、私は普通の人間の普通の日々を描く気になれない。誰もが均一に見えて、つまらないからだ。なまの人間が人間くさく動きまわる絵本、私はそんな本が何よりも好きだ。』とおっしゃっている通り、こちらの作品は、人間の身勝手さ、残酷さをもみの木の一生を通して、考えさせられる、残酷なお話でした。私は、幼い頃からクリスマスに本物のもみの木を家の中に飾るという事はした事がございませんでしたが、この絵本のもみの木のように、心があったら・・・・・・人間は、もみの木をクリスマスに飾り立て、その後、どうすると思われますか!?大きなお庭があるお家でしたら、何処かへ埋めなおす事も可能なのでしょうか!?知らぬが仏!このお話のもみの木は、森から運ばれて行く、もみの木達を羨ましく思っていたのです。自らも、そうなりたいと思っていたのです。人間の身勝手さを痛感させられた作品でございました。

    投稿日:2006/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「もみの木」のみんなの声を見る

「もみの木」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / クリスマスの絵本 / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット