宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

しょうぼう犬ドット」 ぴょーん爺さんの声

しょうぼう犬ドット 作・絵:デジミニ・リーザ
訳:常陸宮妃華子
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年
ISBN:9784337062429
評価スコア 4.29
評価ランキング 15,564
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 消防犬ドットの活躍

    アメリカのお話です。消防犬ドットの活躍を描いてました。

     リリリリリリリリリリリリリーン!

    このベルが鳴ると、みんなは素早くズボンをはいてから行動します。大きなゴム長を履き上着を着てヘルメットを忘れないで、ドットと消防士さんたちは、赤い消防自動車に飛び乗ってサイレンを鳴らしながら急いで現場まで行きます。病気で寝ているおじいさんを抱きあげて安全なところに運びました。ドットは、こねこを助けてました。火を消して、車と道具は点検してからしまってました。洗車もしてました。ドットからのお願いも記載されてました。

    投稿日:2019/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「しょうぼう犬ドット」のみんなの声を見る

「しょうぼう犬ドット」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / どうぞのいす / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット