話題
ぷっくり ぽっこり

ぷっくり ぽっこり(偕成社)

じわじわ売れています! 新感覚の赤ちゃん絵本!

  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

せんそうがやってきた日」 めむたんさんの声

せんそうがやってきた日 作:ニコラ・デイビス
絵:レベッカ・コッブ
訳:長友 恵子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2020年07月06日
ISBN:9784790254072
評価スコア 4.65
評価ランキング 3,083
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • 戦争の恐ろしさ

    のどかな毎日を送り、自分の椅子を持っていた一人の少女が、戦争に巻き込まれました。

    悪いことを何もしていないはずの少女は、一瞬で家族を失い家を失い、のどかな毎日や自分の椅子を失いました。

    全てを失った少女は、戦争から逃げ続けるしかありません。

    何もしていないはずの少女は、のどかな生活をしている人々のところへ行けばその人々からも拒まれました。
    学校ならと行けば、
    「あなたの場所はありません。いすがないのです」
    と、拒まれました。

    戦争が追いかけてきているのです。

    その時の少女の心にあるのは、絶望。
    希望なんて、見い出しようもありません。

    けれどある日、一人の少年が椅子を抱えて現れました。
    少年は、のどかな生活をしている少年で、学校で拒まれる少女を見ていた少年でした。
    椅子を抱えた少年は、言いました。
    「もってきたよ。これで学校にかよえるから」

    戦争は、絶望を従えてやってきます。
    手を差し伸べてくれる人や組織は確かに存在して、そのおかげで少女は希望を見つけたけれど、それでもやっぱり、戦争は理不尽だと思います。
    この世から、戦争がなくなりますように。

    投稿日:2020/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「せんそうがやってきた日」のみんなの声を見る

「せんそうがやってきた日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / そらまめくんのベッド / はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / もったいないばあさん / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『100にんのサンタクロース』好きなサンタさん投票TOP10結果発表!!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット