話題
ぷっくり ぽっこり

ぷっくり ぽっこり(偕成社)

じわじわ売れています! 新感覚の赤ちゃん絵本!

  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

せんそうがやってきた日」 ピンクちゃんさんの声

せんそうがやってきた日 作:ニコラ・デイビス
絵:レベッカ・コッブ
訳:長友 恵子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2020年07月06日
ISBN:9784790254072
評価スコア 4.65
評価ランキング 3,083
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • 戦争が与えるもう一つの悲しみ。

    日本ではどちらかと言うと戦争と言うと国と国同士の戦いのような感じとしてだけとらえているような気がします。戦争によってすべてが失われ、多くの人々が負傷し、亡くなり、というような事だけが主に取り上げられているような気がします。

    ですが、この絵本では突然普段の日常が一転し急に難民になってしまった子のお話になっているので、戦争がもたらすもう一つの現実、というか悲しみを胸が張り裂けそうになるほど感じてしまいました。こんなに辛い現実が突然襲って来て、更には何処にも、誰にも助けてもらえない。こんな現実が実は今でもどこかで誰かに起こっているという事も、本当に有ってはいけない事で、自分の子供達にも起きては欲しくない事だと思いました。子供達の笑顔を奪ってしまわないように、今の大人である私達が何とかして行かないといけない、そう思いました。

    日本は安全で比較的暮らし易い国として考えられていますが、本当にそうでしょうか。難民を受け入れる体制が全くと言っていい程整っていない国として、何とかして行かないといけないのでは、そう思いました。

    子供達にこの本を読むときっと何が起きてしまっているのか分からない感情になってしまうかもしれません。もしくは物凄く辛い悲しみを感じるかもしれません。でも、他の戦争の絵本では知る事の出来ない戦争が人々にもたらすもう一つの悲しみの現実を子供達に絵本と言う形で分かり易く、イメージしやすく伝える事が出来る素晴らしい1冊だと思います。

    読む人全ての人々に、戦争について、そして難民について真剣に考えさせられる、そんな1冊だと思います。誰もが平等に平和に幸せに家族と過ごせるためには、これから一人一人が何をして行かないといけないのか、それを考えなければいけない、そう思いました。
    本当に辛い1冊ですが、この絵本に出会ったからこそ知れる本当の現実、そして戦争の恐ろしさを子供達にも伝えて行きたい、そう思います。

    投稿日:2020/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「せんそうがやってきた日」のみんなの声を見る

「せんそうがやってきた日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / そらまめくんのベッド / はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / もったいないばあさん / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット