ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

999ひきのきょうだい」 四パパさんの声

999ひきのきょうだい 作:木村 研
絵:村上 康成
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1989年
ISBN:9784893255587
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,672
みんなの声 総数 72
  • この絵本のレビューを書く
  • 兄弟!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子4歳、男の子2歳

    ある日お母さん蛙が田んぼに999個の卵を産みます。
    卵達がおたまじゃくしになり、手足がはえて蛙にと成長して
    いく中、1番最初に産まれたお兄ちゃん卵だけは中々でて
    きません(卵のまま大きくなってるのが面白いです)。
    見兼ねたお母さん蛙の「いい加減に起きなさあい!」の一喝
    でやっと出てくるんですが、これが可愛いわ面白いわで、思
    わず「でかっ!」と突っこんでしまうイチ押しの場面です。
    そんなおたまじゃくしのお兄ちゃんを見て蛙の兄弟達が
    「お兄ちゃん!」と喜ぶ様子がこれまたいいですよ。
    かくれんぼに蛇との一騒動と子供が楽しめる要素もある中、
    大きいおたまじゃくしがお兄ちゃんで、弟達は蛙っていう
    対比が斬新で楽しいストーリーでした。

    お気に入りの場面
    娘:それひけやれひけ、オーエスオーエス
    息子:かくれんぼで隠れた蛙探し
    僕:お兄ちゃんの登場場面

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「999ひきのきょうだい」のみんなの声を見る

「999ひきのきょうだい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(72人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット