ルドルフとノラねこブッチー」 MYHOUSEさんの声

ルドルフとノラねこブッチー 作:斉藤 洋
絵:杉浦 範茂
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2020年06月25日
ISBN:9784065196984
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,059
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • ルドルフシリーズ、5作目です。
    前回のスノーホワイトから約8年ぶり、待ちに待った新作です。

    今回はブッチーが主人公。
    金物屋の飼い猫だったブッチーが、飼い主の引っ越しを機にノラ猫となっていましたが、最近その飼い主を町で見かけるようになり・・・

    思えば、1作目でもイッパイアッテナの仇をうったのはルドルフとブッチーでしたし、ブッチーの子どもたちのお話もあったり、とにかく脇役とはいえブッチーはこの作品には無くてはならない存在です。
    例えて言うなら「ハリーポッター」のロンとか、「動物のお医者さん」の二階堂とか、場合によっては主人公よりも愛すべきキャラと言えるかもしれません。
    そんなブッチーがある決心をし、それを周りが応援します。

    それにしても、ルドルフにしてもイッパイアッテナにしても、この作品に出てくる猫たちは文武両道のスーパーキャットですね!
    郵便番号簿や時刻表も読めるし、戦国武将なんかにも超詳しい。
    ことわざの類も随所に出てきて、読みながら勉強になります。
    そして喧嘩も強い、強すぎる。決闘シーンはアッパレでした!

    個人的には大みそかの晩の3匹の会話がツボでした。
    続編は出るのかな?
    またいつかルドたちに会えるのを期待して待ちたいと思います。

    投稿日:2020/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ルドルフとノラねこブッチー」のみんなの声を見る

「ルドルフとノラねこブッチー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

エルマーのぼうけん / ルドルフとイッパイアッテナ / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット