日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

一つの花」 さえら♪さんの声

一つの花 作:今西 祐行
絵:鈴木 義治
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年
ISBN:9784591005484
評価スコア 4.82
評価ランキング 200
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • 一つだけちょうだい

    私が小学生の時に教科書で知ったお話です。
    終戦の日にふと思い出して図書館で探したら
    この絵本が見つかり 懐かしい思いで読みました。
    戦時中の食べ物が豊富になかった時代のお話です。
    小さな女の子ゆみこは「一つだけちょうだい」が口ぐせになるほど
    いつもひもじい思いをしていました。
    そんな時お父さんが徴兵されることになり見送る家族の様子に切なくなります。
    この時代にこういう光景がたぶん何万もの家庭で繰り広げられたのだなあとこの絵本を読んで実感しました。
    夫を父を兄を弟を見送る家族の気持ちはいかばかりだったかと思います。
    数年前に亡くなった祖父も戦争経験がありました。
    祖父が戦地に赴いているときにちょうど生まれた伯母は
    祖母が祖父の帰りを待ちわびる思いで「まちこ」と命名したのだというエピソードを聞いて胸が締め付けられるような気持ちになりました。そして同時に祖父が無事に帰って来れて良かったと思いました。いつどこで戦争が起きてもおかしくないほど世界には緊張感が溢れています。それぞれ人たちのこういう体験や思いを戦争を知らない世代に是非伝えて行ってほしいなあと思います。

    投稿日:2007/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「一つの花」のみんなの声を見る

「一つの花」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット