話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

わたしに手紙を書いて 日系アメリカ人強制収容所の子どもたちから図書館の先生へ」 レイラさんの声

わたしに手紙を書いて 日系アメリカ人強制収容所の子どもたちから図書館の先生へ 文:シンシア・グレイディ
絵:アミコ・ヒラオ
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2020年06月
ISBN:9784566080645
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,332
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 日系アメリカ人強制収容所の子どもたちから図書館の先生へ、という副題に惹かれました。
    『WRITE TO ME』が原題。
    第二次世界大戦の間、強制収容所送りになった日系人を支えたし図書館司書のノンフィクションストーリーです。
    彼女の言葉、「読書は、はかりしれないほどゆたかな、心の糧である」が印象的です。
    クララ・エステル・ブリードさん。
    ブリード先生が、収容所送りになった子どもたちとの手紙のやり取りしていた様子がうかがえます。
    なんと本などを送り続けたというのがすごいです。
    もちろん、子どもたちもそれに応えて、生き抜いています。
    これが、子どもたちの現実だったのですね。
    本が大切な役割だったことがわかります。
    小学校高学年くらいから、この史実を知ってほしいです。

    投稿日:2021/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしに手紙を書いて 日系アメリカ人強制収容所の子どもたちから図書館の先生へ」のみんなの声を見る

「わたしに手紙を書いて 日系アメリカ人強制収容所の子どもたちから図書館の先生へ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / おだんごぱん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • アリのメアリ
    アリのメアリ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    いわたまいこさんの絵本デビュー作。繊細で美しい切り絵の魅力がいっぱいの、愛らしい絵本。


愛を伝える絵本 レビューコンテスト

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット