もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ムニャムニャゆきのバス」 ジュンイチさんの声

ムニャムニャゆきのバス 作・絵:長 新太
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784033308005
評価スコア 4.06
評価ランキング 22,423
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く
  • 大人には理解できない世界かも

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    新刊本コーナーにあったので借りてきましたが、1991年のほるぷ出版で出版されたものの復刻版でした。
    長 新太さんの絵本で初めて感想を書かせて頂きます。
    なぜ誰もが一度は読んだことのある長さんの作品が初めてかと言うと、我家の絵本を読む基準が、絵が可愛くて奇麗なことにあるので、俎上にのぼらなかったからです。

    小学校1年の次男は、絵を見ただけで読む、読まないを決めてしまうので、今まで長さんの作品は読まなかったというのが主因です。

    お話は、むにゃむにゃ行きのバスから、三角定規だの目玉焼きだのバスに全く乗ると思えないものが降りてくるというお話です。

    初めて読んで、正直大人の自分には、このナンセンスの意味が全く理解できませんでした。
    他の方の評価では、子供は長さんに共鳴したというコメントが多いのですが、我家の子供は「ありえねぇ」の一言で終わってしまいました。

    小学校1年の癖に、余りに現実派のため普通の評価になってしまいましたが、確かにこのノリは、ハマれば子供にとってたまらないものになるのでしょう。
    ※超現実はの次男は、サンタクロースがいないと断言し、その理由がトナカイが空を飛ぶはずがないですから、長さんの世界には馴染むことがないのでしょう。(笑)

    投稿日:2007/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ムニャムニャゆきのバス」のみんなの声を見る

「ムニャムニャゆきのバス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その10 最終回

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.06)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット