新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる

いつかはきっと…」 ぱかさんの声

いつかはきっと… 作:シャーロット・ゾロトフ
絵:アーノルド・ローベル
訳:矢川 澄子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1975年
ISBN:9784593500147
評価スコア 4.51
評価ランキング 6,622
みんなの声 総数 40
「いつかはきっと…」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 憧れは国境を越えて

    • ぱかさん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 兵庫県

    お話の中の家や部屋のスタイルは日本ではなくて、洋風の世界へのなんだか憧れのようなものを抱く始まりになる…
    そして今日実際海外で暮らして、このなんだかロマンティックな雰囲気が、現実だと気づく。
    今まで知らなかった部屋が見つかりそう…
    女の子は、どこにいても夢を描く。
    望みには国境はなく、あこがれの気持ちは世界中に広まっている。

    投稿日:2011/12/27

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いつかはきっと…」のみんなの声を見る

「いつかはきっと…」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 十二支のお雑煮
    十二支のお雑煮
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    十二支の動物たちが、思い思いにお正月を楽しみます。最後は、みんなでお雑煮をいただきます。
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット