へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

トラさん、トラさん、木のうえに!」 PDさんの声

トラさん、トラさん、木のうえに! 作:アヌシュカ・ラヴィシャンカール
絵:プラク・ビスワス
訳:うちやままりこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784566008656
評価スコア 4.29
評価ランキング 15,015
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 自然と共存することへ

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    ブラティスラヴァ世界絵本原画展で金牌賞という、有名な絵本です。
    ブラティスラヴァ世界絵本原画展は、原画としての芸術性が評価されるコンペティションで、日本人では酒井駒子さんが受賞されていることで有名です。

    ・・・という背景もあり、私は絵本というよりも芸術作品という先入観を持って読みはじめました。
    たしかにシルクスクリーンで描かれた、鮮やかで大胆な絵柄は目を引きます。
    けれどもやはり、内容があってこそであるということが、読み進めるうちにわかってきます。
    散文詩のような短い文章に軽快なストーリー、まるで自分がその場にいるような感覚を覚えます。
    物語自体はごく単純で、「え?もう終わり?」と思ってしまいます。
    ですがよく考えてみると、トラを傷つけずに捕獲して、適切な場所へ返してやるということがいかに村人たちにとって危険かということに気づきます。
    もちろん、木の上にそのまま置いておくことも危険でしょう。
    ただ、トラを殺してしまうという選択肢もあったわけです。
    文中にあるように、動物園へ引き渡すということもできたわけです。

    それをそうせず、村人みんなで考えて、トラにとって正しい場所へ戻してあげました。
    村人たちはそうやって、自然と共存していくために必要な事柄を、十分に理解していたのです。

    今でこそレッドデータブックなどがあり、希少動物が保護されるようになりましたが、この本の村人たちはそういうことは考えなかったでしょうね。
    ただごく自然に、あるべきところに返してあげようと、みんなが思っただけ。それでいいのではないでしょうか。

    投稿日:2007/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「トラさん、トラさん、木のうえに!」のみんなの声を見る

「トラさん、トラさん、木のうえに!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / てぶくろ / 100万回生きたねこ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット