話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん

ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん(くもん出版)

「うた」は幼児のことばの世界を広げるのに最適!

  • 役立つ
  • ギフト
  • ためしよみ

アーニャは、きっと来る」 ヒラP21さんの声

アーニャは、きっと来る 作:マイケル・モーパーゴ
訳:佐藤 見果夢
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2020年03月
ISBN:9784566014527
評価スコア 4
評価ランキング 30,016
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • なんというラストでしょう

    息を呑んで最後まで一気に読み終えました。
    冒頭の、ジョーがクマの子とベンジャミンに出会うシーンから、タイトルになっているアーニャの存在まで、とても感動的な映像シーンとして取り込まれていることと、緊張感が高まるなかで、クライマックスの二転三転のドラマチックな仕立ては、途中で想像だにできないものでした。
    知らずうちに命を懸けてユダヤ人の子どもたちの国外逃亡を助けることになったベンジャミンの勇気もさることながら、家族の絆、村人たちの結束、決して悪人ではなかったドイツ軍の伍長、登場人物の描かれ方に、とても人間性を感じました。
    心に残る、余韻の残る、考えさせられる感動作品です。

    最後の数行が心に突き刺さりました。
    続編が有ったら必読です。

    投稿日:2020/09/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アーニャは、きっと来る」のみんなの声を見る

「アーニャは、きっと来る」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【Z会の本】子どもの成長を実感できる知育教材! プラスαの効果があった「Z会グレードアップカードとえほん」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット