話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくがふえをふいたら」 あんじゅじゅさんの声

ぼくがふえをふいたら 作:阿部 海太
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,870
発行日:2020年11月19日
ISBN:9784001126952
評価スコア 4
評価ランキング 27,316
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 絵がうったえかけてくるよう

    表紙をみて、気になって、読んでみました。詩のような文と、幻想的な絵で、その独特の世界のなかにひきこまれました。とくに、力強い絵! すごく訴えかけてくるものがあります。初めて知った作家さんでしたが、他の絵本も読んでみたいと思いました。

    投稿日:2021/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくがふえをふいたら」のみんなの声を見る

「ぼくがふえをふいたら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年2月 注目の新刊&おすすめ 〜節分・鬼の絵本〜

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット