かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

すてきな三にんぐみ」 にぎりすしさんの声

すてきな三にんぐみ 作・絵:トミー・アンゲラー
訳:今江 祥智
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784033270203
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,524
みんなの声 総数 261
  • この絵本のレビューを書く
  • 表紙の黒い帽子の怖そうな顔の三にんぐみ

    泥棒なのに? なぜ? すてきなの? そんな思いで読んでいました。

    おどしのどうぐが みっつ ひとつ、ラッパじゅう  ふたつ、こしょう・ふきつけ  そして みっつめは、 まっかな おおまさかり

    この絵をみて 笑えました。

    おもしろいおどしどうぐに・・・・

    夜の絵は 影絵のようです  三人のどろぼうが なんかおかしくて
    でも みんなは きもをつぶしているの!

    絵が鮮やかな色使いで  馬がこしょうで ぴたりと 止められるのも
    何だか お笑いの世界のようです

    ラッパじゅうにみんなが 手を挙げているのも何だか怖くないの

    この泥棒を 変えたのが みなしごの ティフャニーちゃん

    この女の子が 三にんのどろぼうを夢のある すてきな三にんぐみに変えたのに  拍手を送りたいです!

    さびしく かなしく くらい きもちで くらしている、 すてごや みなしごを どっさりとつれてくるの

    作者の思いが 子供を幸せにするという 夢を実現したかったのでしょうね!
    こんな どろぼうさんなら だいかんげい!

    そしてみなしごたちが大きくなり子供をうんで 村を作るこれこそ
    作者の夢だったのですね!

    素敵な三人ぐみを 三にんそっくりの 高い塔にして 残したのも 素敵な考えですね!

    娘に捧げたとありますが こんなお父さんのプレゼントは 何よりステキデスし   世に貢献する生き方を娘に伝えているのかな?

    いいパパであり 良い 作者です!

    子供たちにもこの感動を読んであげたいで〜す!

    投稿日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「すてきな三にんぐみ」のみんなの声を見る

「すてきな三にんぐみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ともだちや / おじさんのかさ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット