アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

天人女房」 多夢さんの声

天人女房 絵:太田 大八
再話:稲田 和子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784887500679
評価スコア 4.13
評価ランキング 21,817
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • はたして二人は幸せになれるのか?

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    天人女房・・・いわゆるたなばた物語です。

    羽衣をなくした天女は、牛飼いの男のお嫁さんになり、
    幸せにくらしていましたが、ある日、なくしたと思っていた羽衣を、
    見つけてしまいます。
    ふたりの子どもに恵まれましたが、ふたりの子どもを連れて、
    天の国に帰ってしまいます。

    天上界に住む天人と、地上に住む普通の男との結婚は、
    はたして幸せになれるものなんでしょうか。

    妻の後を追って天上界に行った牛飼いの男に待っていたのは、
    父神の無理難題な命令でした。
    しかし、父神ではなく、妻の言うことに従うと、
    その問題を乗り越えていけたのです。
    しかし・・・

    天女と牛飼いの男の夫婦愛というものを、とても強く感じました。

    一方、父神も、娘(天女)に対しての愛情からでしょう。
    地上の男に娘はやるまいと必死に、無理難題を言い続け、
    そして、ふたりは、とうとう天の川をへだてて、
    別れ別れになってしまうのです。

    元はといえば、男が羽衣を隠したことから始まった夫婦生活。
    ふたりは本当に幸せになれたのでしょうか。
    悲しい愛のものがたりですが、
    織姫星と彦星になった彼らの幸せを願わずにはいられません。

    奄美諸島を中心に伝承された原話に基づいて書かれています。
    牛の命をもらって天に上る方法ををとっています。

    九州地方に伝わっている昔話ならではの方言をしっかり使い、
    昔話の絵はこの人!・・・の太田大八さんの素晴らしい絵。

    子どものみならず、大人でも十分たのしめる内容になっています。

    投稿日:2013/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「天人女房」のみんなの声を見る

「天人女房」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの / はじめてのおつかい / こんとあき / ノンタンぶらんこのせて

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット