虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

絵本 おこりじぞう」 活字中毒さんの声

絵本 おこりじぞう 作:山口勇子
絵:四国 五郎
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年11月
ISBN:9784323002378
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,175
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どものころの記憶

    私が子どものころ、8月6日は全校登校日で、平和について学ぶ日でした。
    この話は、そのときに先生たちがペープサートで見せてくれたものです。そのときのことは低学年だったこともあって、あまりよく覚えていません。でも、感想に「みず、みず、おんなのこのこえはだんだんちいさくなります」と書いたようでした。とても印象に残ったのでしょうね。
    戦争で犠牲になるのは何の罪もない小さな子ども。どの時代でも、どの国であってもそれは同じこと。今も世界のどこかで子どもたちが犠牲になっています。これからの日本はそんなことに加担するのでしょうか。世界中の子どもたちの笑顔が輝く未来を望みます。

    投稿日:2014/07/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「絵本 おこりじぞう」のみんなの声を見る

「絵本 おこりじぞう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / 一つの花 / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット