宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ミリー・モリー・マンデーのおはなし」 miki222さんの声

ミリー・モリー・マンデーのおはなし 作:ジョイス・L・ブリスリー
絵:菊池 恭子
訳:上條 由美子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,400+税
発行日:1991年
ISBN:9784834007022
評価スコア 4.78
評価ランキング 485
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 小さい女の子の素敵な日常

    おままごとのティーセットでお茶をしたり、シーツで作ったテントで夜のキャンプをしたり、おしゃれをしてパーティーに行ったり、パッチワークや編み物をしたり。女の子のときめく要素が沢山詰まった一冊です。
    赤毛のアンや、やかまし村シリーズを好きな人は、きっとこの本も好きになるはず。
    ミリーモリーマンデーがアンと違う所は、大失敗をしたり癇癪を起こしたりしない所。お客様をおもてなししても苦い薬をケーキに入れてしまったりしないし、子供達だけで留守番をしても間違ってお酒を飲ませてしまったりもしません。お使いを色々頼まれてもしっかりやり遂げ、子供達だけで火を使ってお料理をしても何とかうまく出来てしまいます。
    大きな事件は何も起こらず、穏やかな日常が描かれているのですが、何気ない日々の欠片一つ一つが輝いています。
    ミリーモリーマンデーのやる事を心配しつつも、少し離れた所から温かく見守る大人達もとても素敵。
    それに所々で登場する食べ物の美味しそうなこと!
    日本では2冊しか発行されていませんが、実はミリーモリーマンデーシリーズはもっと沢山存在するとの事。是非とも全作品を読んでみたいです。

    投稿日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ミリー・モリー・マンデーのおはなし」のみんなの声を見る

「ミリー・モリー・マンデーのおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / からすのパンやさん / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット