ごみじゃない! ごみじゃない!
作・絵: minchi  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
minchiさん、待望の最新刊! みーんな だいじな たからもの

ぼくのなまえはイラナイヨ」 こはる食堂さんの声

ぼくのなまえはイラナイヨ 作・絵:ミック・インクペン
訳:角野 栄子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,410+税
発行日:1997年06月
ISBN:9784097270775
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,511
みんなの声 総数 21
「ぼくのなまえはイラナイヨ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • せつなくて暖かいお話。

    • こはる食堂さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、女の子5歳

    『イラナイヨ』という名前は彼が引っ越し中の住人に『それはいらないよ』と言われたのを勘違いしたことから名乗るようになったものです。

    長い間 屋根裏で忘れ去られ、原型を自分でもわからないイラナイヨ。薄汚れ、ボロボロで何のぬいぐるみか誰にもわかりません。

    ネズミに誘われて外を歩き、色んな生き物に出会う中で、少しずつ元の自分の姿を思い出します。

    イラナイヨは薄汚れてほったらかしの自分の姿を水鏡に映し、ポロポロと涙をこぼします。

    そんな中、親切な猫に出会います。

    猫との出会いから、自らの持ち主、本来の姿を取り戻すイラナイヨ。
    見開きページで元通りになって行くイラナイヨの姿はとても可愛くて、幸せな気持ちになります。

    子供達もこのページが大好きで、何度も見ていました。

    最初はさみしいイラナイヨが、だんだん自分を思い出し、幸せになるお話はとてもほのぼのできてオススメです。

    掲載日:2013/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのなまえはイラナイヨ」のみんなの声を見る

「ぼくのなまえはイラナイヨ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

じゃあじゃあびりびり / おこだでませんように / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ピヨピヨだあれ? / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット