ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ

うろおぼえ一家のおかいもの」 もゆらさんの声

うろおぼえ一家のおかいもの 著者:出口 かずみ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2021年02月
ISBN:9784652204184
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,908
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く
  • 出た!新喜劇絵本!

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     ほのぼのアヒル家族の、うろおぼえなお買い物?
    そう簡単に思い描いてはいけません。
    これは、実に高度なボケ&ツッコミを練り込んだ、
    出口かずみ新喜劇絵本です。

     「なんだっけ?」 とボケて
    「そりゃぁもう、〇〇で決まりでしょ」 とツッコミかまされ、
    「あぁ、そうだった、そうだった」 と口では体裁とりながら、
    腹の中のボケをずーる賢く 「確か・・・だったような」 とつぶやく。
    しかもその時、すでに〇〇を買い終わっている絵だ。
    時間を追い越すあざといボケが、次への明転となる。

     ページいっぱいに描きこまれた絵は、実に楽しい。
    とうふ屋、石材屋、くすり屋、店先のいろいろな手書きが妙に懐かしくて、
    見ている側もついお買い物に参加したくなる。
    いっぱい買った面白アイス、ずーっと後を尾けてくる謎のタヌキ、
    なぜかジャジャーンと広がる小田原提燈やら、
    家族各人各々の心の中の想像がポカリぽかりと
    昭和の色の中に支離滅裂と発見のアンバランスが、新喜劇だ。

     家族団欒で食べるアイス、食べながら父が広げる家電屋チラシ、
    ん? こんなところにあったのか、買い物のきっかけが。
    スッキリと同時に、何事にも後を濁さぬほのぼ家族の大切さを、
    改めて考えなおした私でした。

     ステキな新喜劇絵本、ほのぼの家族写真、
    出口かずみ先生に、感謝。

    投稿日:2021/07/13

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うろおぼえ一家のおかいもの」のみんなの声を見る

「うろおぼえ一家のおかいもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はなのすきなうし / ゆうこさんのルーペ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【Z会の本】子どもの成長を実感できる知育教材! プラスαの効果があった「Z会グレードアップカードとえほん」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット