新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

人間」 どんぐりぼうやさんの声

人間 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,650
発行日:1995年
ISBN:9784834012781
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,939
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 子供が進化に興味を持ったらこれ!

    加古 里子さんの、かがくのほんシリーズになります。

    5歳の息子がなぜか突然、人間の進化に興味を持ち、
    いろいろ細かく質問してきて困ってしまい、5歳児でも
    進化の過程がわかるような絵本はないかといろいろ探した結果、
    やっとたどり着いたのがこの絵本です。

    人間の進化に関する本を探し回って気付いたのですが、
    本格的に詳しく書いてあるものは絵より文字のほうが多く、
    大人でも読むのが大変だったり、専門用語などで理解に苦しむ
    ものが多く、児童書や絵本では猿人から新人に進化する中途半端な
    過程しか取り上げていないものが主流なんですよね。

    どこから聞いたか、「人間は最初、魚だったんだよね?」という
    息子の期待にこたえるには、生命の誕生からの進化を子どもにも
    わかりやすく書いてあるものが必要だったわけですが、まさに
    この絵本は、私と息子の期待に応えてくれました。

    この絵本では、宇宙のはじまりから始まって、地球と海の誕生、
    生命の誕生、動物が海から上陸したりと順を追ってたくさんの
    絵とともに最低限の説明が書かれているので、息子もどうやら
    満足したようです。

    その上、人間に関してはこと細かく、猿人からの進化の過程はもちろん、
    人間の体のこと(子を産み育てる、成長する体のこと、骨や筋肉、内臓の働き)、
    それから、人間の手のこと、知恵や知識、人間社会や混乱にいたるまで
    書かれてあり、まさにタイトルどおり「人間」のことがぎっしり詰まっていて、
    大人が読んでも十分読み応えがあります。

    ・・・と思ったら、本の対象年齢が「小学校中級〜大人まで」
    とのことですので、大人も読み応えがあって当然ですね。
    この他にも、「海」「地球」「宇宙」があります。
    是非揃えたいシリーズです。

    投稿日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「人間」のみんなの声を見る

「人間」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。
  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ
  • ひとは なくもの
    ひとは なくものの試し読みができます!
    ひとは なくもの
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    「泣く子はきらい」ってお母さんは言うけれど、一つ一つの涙にはちゃんと理由があるんだよ!心うたれる絵本


内堀タケシさんの写真絵本「ランドセルは海を越えて」 不要になったランドセルをアフガニスタンへ届けて17年

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット