そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ?の試し読みができます!
文・絵: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
まめじゃなくて、こめでもなくて、そらからふるもの、なんだっけ!? さあ、かみなりちゃん、ちゃんとふらせられるかな?

クルミわりにんぎょう」 レイラさんの声

クルミわりにんぎょう 絵:フランチェスカ・クレスピー
訳:小川 仁央
原作:ホフマン
再話:ジーン・リチャードソン
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
ISBN:9784566004344
評価スコア 4
評価ランキング 21,171
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 様々な演出

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみわり人形」は大好きです。
    ということで、この絵本とセットのCDは何度も聞いています。
    そのCDにもナレーションが入っていましたが、
    実は演出によっていろいろなストーリーが存在するのです。
    ということで、今回この絵本は初めて読んだので、少し違和感はありましたが、
    また違った演出の作品を鑑賞した気分で楽しむことにしました。
    クリスマス・イブ、クララは不思議なドロッセルマイヤーおじさんから
    くるみわり人形をプレゼントにもらいます。
    一風変わった人形は、からかわれて腕が壊れてしまいます。
    手当てされたものの、心配で夜中に様子を見に来たクララは、
    不思議な光景を目にします。
    大きくなるクリスマスツリー、ねずみとの戦い、くるみわり人形の勇姿、
    クララの勇気、そして、お菓子の国へ。
    幻想的なバレエの舞台の雰囲気がとてもよく描かれていると思います。
    原作であるホフマンの『くるみわり人形とねずみの王様』は、
    実はなかなか難解なストーリーですが、
    バレエ物語で関心を持ってぜひ一読してほしいと思います。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クルミわりにんぎょう」のみんなの声を見る

「クルミわりにんぎょう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット