くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

原爆の火」 こにゃららんさんの声

原爆の火 作:岩崎 京子
絵:毛利まさみち
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年08月05日
ISBN:9784406027533
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,459
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 原爆のことを知ってほしい

    広島在住です。
    幼い頃からずっと、原爆のことを聞きながら育ってきました。
    原爆の日には、保育園では、年少以上ははだしのゲンのアニメを見た覚えがあります。
    そのころはとても怖くて怖くて…原爆の日になると、保育園や小学校を休みたいと思うほどでした。
    でも、その頃に培われた平和への思い、戦争の知識が、今ではとてもありがたいです。

    夫は他県の人です。
    原爆のことについて知っているのは「原爆は恐ろしい」という感情だけ。
    広島、長崎に、原爆を落とされた日時を知らないのには、驚きました。
    驚いたと同時に、他県では、原爆について、広島で習うほど詳しく習っているわけではないと思い知らされました。
    最近では、原爆の日が近づいても、昔ほど原爆の番組をテレビで見ることも少なくなり、ニュースでも式典の様子を少し流すだけ……
    広島県民としては、悔しくてたまりません。
    原爆のこと、戦争の恐ろしさ、風化させてはいけないことです。
    小さい子どもは怖いだろうから教えなくていいだろう、は子どものためになりません。
    小さくても、戦争は繰り返してはならないという思いを理解できます。
    次の世代に伝えていきたい絵本でした。

    掲載日:2013/07/26

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「原爆の火」のみんなの声を見る

「原爆の火」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット