100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット 100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット
作: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
絵本「100にんのサンタクロース」とクレパスのスペシャルセット!

イソップのお話から」 ヒラP21さんの声

イソップのお話から 絵:バーナデット・ワッツ
訳:やがわ すみこ
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1990年
ISBN:9784890138388
評価スコア 4
評価ランキング 22,896
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • イソップのお話から

    グリム、アンデルセンでいくつも絵本を目にしてきたバーナデッド・ワッツの作品。
    ワッツの絵はファンシーでまろやかで、毒気がないのが特徴だと思います。
    物語の設定と違和感があっても許せてしまう不思議な作家です。
    でもこの『イソップのお話から』を見てもう一つ感じました。
    ワッツは挿絵作家ではなくて、ストーリー・アーチストなのです。
    一連の絵の流れの中で、作り出す世界がワッツの持ち味なのです。
    この絵本には多くのこだわりがあります。
    色彩に味わいのあるワッツが、白黒の素描を多く取り入れていて、新たなチャレンジを感じます。
    絵をだいじにしてきたワッツが、絵本づくりにこだわり、挿絵、一篇一篇のお話の装飾に実験的な作品をちりばめています。
    イソップの毒気に合わないワッツは、この絵本ではちょっと失敗してしまったように感じました。
    収録されているお話の選定も、イソップの代表作を少し避けたような気がして、この絵本をマニアックなものにしているようにも思いました。
    ワッツファンの皆さんはどのような評価をされるでしょうか。

    投稿日:2012/09/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「イソップのお話から」のみんなの声を見る

「イソップのお話から」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / すてきな三にんぐみ / まいごのどんぐり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット