新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

クマのパディントン」 汐見台3丁目さんの声

クマのパディントン 作:マイケル・ボンド
絵:ニック・ワード
訳:岡松 きぬ子
出版社:大日本絵画
税込価格:\2,136
発行日:1996年
ISBN:9784499303187
評価スコア 3.8
評価ランキング 39,996
みんなの声 総数 4
「クマのパディントン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • パディントンを初めて知る人に最適

    パディントンってペルー出身の密航グマだったんですね、知りませんでした。
    この絵本からは、どうして出身地に“まっくろくろな”ペルーと修飾語がつくのか、
    そこまでは書かれていないのでよく分かりませんが、それはちゃんと原作を読めば
    分るのかな? 

    とにかく、どうしてパディントンという名前がついたのか、どういう風に
    ブラウンさんの家に住むことになったのか、クマのパディントンについての
    初歩が分り、本文の中のいくつかの単語が絵のついた“めくり窓”みたいに
    なっていて、そこをめくりながら読むので、言葉探しみたいな楽しさも味わえます。
    実は、息子が週1回の図書の日に図書室から、「おかあさん、(しかけが)面白い
    本をみつけたから、借りてきた」と...

    ところで、やっぱりイギリスやアメリカってティディベアの世界なんだなと、
    『クマのプーさん』をはじめ、このパディントン、そして『くまのコールテンくん』
    などの名作を鑑みても実感します。よし、パディントンにちょっとはまってみようかな?!

    投稿日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クマのパディントン」のみんなの声を見る

「クマのパディントン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ちょっとだけ / バムとケロのにちようび / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


3月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット