100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット 100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット
作: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
絵本「100にんのサンタクロース」とクレパスのスペシャルセット!

紙芝居 ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき」 らずもねさんの声

紙芝居 ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき 作:古田 足日
絵:田畑 精一
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784494078509
評価スコア 4.17
評価ランキング 20,361
みんなの声 総数 5
「紙芝居 ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • カミィの紙芝居

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    定番のロボット・カミィの紙芝居です
    絵本では読んだことがあったのですが紙芝居で見つけ
    早速読みました
    カミィたちが幼稚園でおみせやさんごっこをするお話です
    でもお友達の積み木をとり自分勝手に遊んでばっかいたため
    みんなの輪から外れてしまい一人ぼっちになってしまいます
    そして幼稚園の行事のおみせやさんごっこの日になります
    結局最後までひとりぼっちで過ごします
    終わり方も「一人ぼっちでいい」という肯定で終わります

    いつもカミィの絵本には考えさせられることが多くあります
    子供達はどう捉え感じるのだろうな・・・・と思います
    「仲良くしなくちゃ、あやまらなくっちゃいけないよ」と思うのか?
    「1人でもどうにかなるのぁ」と感じるのか?

    子供の頭の中が見えたら楽しいのにと思いました

    投稿日:2010/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき」のみんなの声を見る

「紙芝居 ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット