新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本

  • 全ページ
  • ためしよみ

ぞうになったうそ」 ヒラP21さんの声

ぞうになったうそ 作:ティエリー・ロブレヒト
絵:エステル・メーンス
訳:ふしみ みさを
出版社:パイ インターナショナル パイ インターナショナルの特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2022年03月24日
ISBN:9784756254825
評価スコア 4
評価ランキング 32,648
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • ウソをついて大きくなったのは?

    タイトルからして、2通りのゾウが想定されました。
    どこかで、断ち切らなければ、ウソを上塗りで収拾がつかなくなるウソ。
    時間とともに大きくなっていく罪悪感。
    答えを出してしまったらネタバレになるのですが、この本を読んで2つのポイントを感じました。
    リュカが本当の事を言えなかったのは、父親の激しい剣幕のせいではなかったでしょうか。
    怒ることと叱ることの違いに思い至りました。DVにつながるような感情爆発は子どもを萎縮させます。
    リュカが妹に罪をなすりつけたことに対する良心の呵責を持たなければ、兄妹関係は溝を深めるだけだったでしょう。
    良心の存在する家族関係があるからこそ、ゾウは大きくなっていくのでしょう。

    親としては、こういう事を考えなければ、道徳観念の押しつけになるような気がしました。

    偉そうに読み聞かせしてはいけないですね。

    投稿日:2023/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぞうになったうそ」のみんなの声を見る

「ぞうになったうそ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット