虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まゆみんみんさん 40代・ママ

すごい!
こちらの絵本,子供が見てももちろんです…

メリークリスマスおおかみさん」 ジュンイチさんの声

メリークリスマスおおかみさん 作・絵:宮西 達也
出版社:女子パウロ会
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784789605205
評価スコア 4.83
評価ランキング 138
みんなの声 総数 39
「メリークリスマスおおかみさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 素敵なコラボ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    女子パウロ会(聖パウロ女子修道会)と宮西達也さんがコラボしたクリスマスの絵本。
    このコラボですから、無敵と言っても過言ではないと思います。

    物語は、12匹のこぶたの兄弟が、ツリーやリースを飾っているのを、おおかみが見ているシーンから始まります。
    おおかみは、ツリーやリースを壊して、12匹のこぶたの兄弟を捕まえて、素敵なクリスマスになりそうとほくそえんだところ、思いっきり転倒して怪我をしてしまうのです。

    それからが大爆笑の連続です。
    おおかみは、こぶた兄弟の家のベッドの上。
    包帯でぐるぐる巻きで、口にも巻かれているので話すら出来ません。

    おおかみが、
    「おまえたちを くってやる−!」
    と叫んでも
    「うううううううっううう−!」
    としか聞こえず、
    こぶた兄弟は、「ごめんね」と言っているのかなとか、いつも良い方に解釈します。
    このやり取りが続くのですが、それっぽく唸ると、子供に大受けするのは間違いありません。
    そして、何とおおかみは、こぶたの兄弟から赤い手袋のクリスマスプレゼントを貰うのですが、納得のエンディングにと繋がります。
    心暖まる話で、クリスマスに相応しい話です。

    最後には、女子パウロ会ということで以下の触書がありました。

    おおかみは12ひきのこぶたの
    やさしさとおもいやり、そして
    愛にふれてかわりました。
    おおかみの心がうごかされたのです。
    ふしぎなことがおこったのです。
    愛はふしぎなことをおこします。
    この愛のはじまりがクリスマスです。
    クリスマスは救い主イエスさまがうまれた日。
    クリスマスはみんなのために
    世界でたったひとりの
    「あなた」のためにあるのです。
    メリークリスマス。

    最強のコラボの作品として、宮西ファンだけでなく多くのお子さんに絶対オススメの作品です。

    投稿日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「メリークリスマスおおかみさん」のみんなの声を見る

「メリークリスマスおおかみさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / からすのパンやさん / だるまさんが / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット