『とりがいるよ』ギフトセット 『とりがいるよ』ギフトセット
作: 風木 一人 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
ママたちの声から生まれたコミュニケーション絵本。

モモちゃんのおいのり」 ジュンイチさんの声

モモちゃんのおいのり 作:松谷 みよ子
絵:武田 美穂
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1996年
ISBN:9784062610575
評価スコア 4
評価ランキング 20,681
みんなの声 総数 10
「モモちゃんのおいのり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 爽やかな読後感

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    あの松谷みよ子さんが、ますだくんシリーズが我家で人気の武田美穂さんとコラボしていたなんて、驚きでした。
    それにしても、松谷みよ子さんの活躍ぶりには圧倒されます。

    物語は、モモちゃんが、冬にあたあめを食べたいと言いだすところから始まります。
    それから、モモちゃんは御祈りをして眠りにつきます。
    気づいたら、モモちゃんは何と星たちのお祭り会場にいて、神様みたいなおじいさんがわたあめをつくっているのです。

    この設定に我家では大笑い。
    何度見ても、このおじいさんは神様みたいなのに、何でわたあめをつくっているのという感じです。

    やはり松谷さんの文章が読み易いし、またそれに武田さんの絵が良くマッチしています。
    読後感も爽やかで、女の子に特にオススメできると思います。

    投稿日:2008/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「モモちゃんのおいのり」のみんなの声を見る

「モモちゃんのおいのり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット