新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

いろいろこねこ」 金のりんごさんの声

いろいろこねこ 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:アリス・プロベンセン マーティン・プロベンセン
訳:木原 悦子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2002年8月22日
ISBN:9784061892262
評価スコア 4.46
評価ランキング 10,051
みんなの声 総数 23
「いろいろこねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ついつい勉強したくなる

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    とても絵がキュートな本です。
    2匹の猫が、いろいろな色を作り出していくお話です。
    最初は、どうやら赤と青と黄色と白と黒くらいしか色がなかったようですが、緑色が欲しいので、自分達で色を混ぜて作ります。
    緑を作ろうとする過程で、ピンクや紫やオレンジなども生み出していくのです。
    この何度も出てくる色を混ぜる場面では、つい、「○○色と△△色を混ぜたら何色になるかな?」なんて子どもに聞いてしまいそうになります。
    勉強ではなく、自分達で色を作り出していく楽しさを感じて欲しかったので、ぐっと我慢しましたが。
    でも、子どもの方は、「青と黄色で緑になるんだよ!『あおくんときいろちゃん』でそうだったもの」なんて言っていました。
    色が主人公とも言える本なので、本当に絵が鮮やかで、読んでいて見とれてしまう場面が多い絵本です。

    投稿日:2006/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いろいろこねこ」のみんなの声を見る

「いろいろこねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット