季節
メリー メリー クリスマス!

メリー メリー クリスマス!(くもん出版)

おはなしに参加できる! クリスマス絵本。

  • びっくり
  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる

二分間の冒険」 はなびやさんの声

二分間の冒険 作:岡田 淳
絵:太田 大八
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1985年
ISBN:9784036352500
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,343
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く
  • 主人公は小学六年生

    年末から今年にかけて読み聞かせをしました。

    小学六年生が主人公ということでどうかな?と思いつつ、本人が読んでほしいというので。

    息子を見ていると、学校自体に特に問題や不満があるわけではないけれど、家が一番で休み明けには「学校へ行きたくない」「疲れるもん」と洩らします。

    それを聞くたびに学校はある意味、子どもに義務を果たしに行く場所だなあと思います。

    学校が舞台、そして小学生が主人公で、子どもの気持ちをよく捉えている岡田淳さんの作品が、子どもにとても人気があるのもよくわかります。

    学校から急に別の世界へというのは岡田さんのオリジナルかなと思いましたが、『ナルニア国物語』のどこかにもありましたね。

    それはそれで世界観が違いますが、自分に引きつけて感じられるお話というのは親近感がわくと思いました。

    もし、自分が別の世界へ迷い込み、そして戦いに負けたら老人になるとしたら?

    自分が選ばれし者という自信が持てて戦えたら?

    とページを進むたびにいろいろなことを考えました。

    絶望の中での希望、そして仲間を作っていくこと、一人だけではできないこと。

    子ども時代に子どもたち同士の中で育んでほしい友情、どうしたら人と人がつながっていけるのか。

    小学生にもわかりやすくそんなことを伝えながらも、ファンタジーであること。

    岡田淳さんの作品にはとても引き込まれるものを感じました。

    子どもたちが共感を持って受け入れていくのがわかる気がしました。

    投稿日:2011/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「二分間の冒険」のみんなの声を見る

「二分間の冒険」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ないしょでんしゃ
    ないしょでんしゃの試し読みができます!
    ないしょでんしゃ
    作:薫 くみこ 絵:かとう ようこ 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    「もりのひろば」駅では雪が解けるまでお休みになります。ところが、みんなが帰った後、赤い電車が動き出し


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット