おおきくなったらきみはなんになる? おおきくなったらきみはなんになる?
文: 藤本 ともひこ 絵: 村上 康成  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。

岩波少年文庫 クローディアの秘密」 はなびやさんの声

岩波少年文庫 クローディアの秘密 作:E.L.カニグズバーグ
訳:松永 ふみ子 松永 ふみ子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:2000年06月16日
ISBN:9784001140507
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,793
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • 初めてのカニグズバーグ

    • はなびやさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子10歳、

    最初にこの本の存在を知ったのは、河合隼雄さんの著書でした。

    家出先に美術館を選ぶ、お金のある弟を一緒に連れて行くなど、クローディアの用意周到な家出計画に引きこまれ、また思春期の子どもの気持ちをうまくとらえて描くカニグズバーグがとても気になる作家になりました。

    私が初めて読んだのは20代だったと思いますが、息子が生まれてからいつこの本を読み聞かせができるのかと心待ちしていた本でもありました。

    10歳、五年生になった頃に読み聞かせ。すぐに息子はこの本の世界に入り込み「毎日読んで」のリクエストでした。

    ただ、最後の何ページかは気がされてしまったのか読み聞かせとならなかったのが残念でした。

    この本を読んだ後、『ロールパン・チームの作戦』を読みました。次に読み聞かせをするカニグズバーグの作品は『魔女ジェニファとわたし』にしようかと考えているところです。

    カニグズバーグの作品は心理描写が丁寧なので大人が読んでも読みごたえがあると思います。

    ぜひ親子で楽しんでいただけたらと思います。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 クローディアの秘密」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 クローディアの秘密」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / わたしのワンピース / ラチとらいおん / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット