虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

夏の庭 The Friends」 さえら♪さんの声

夏の庭 The Friends 作:湯本 香樹実
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年
ISBN:9784198613594
評価スコア 4.79
評価ランキング 406
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く
  • 死ぬとは?生きるとは?

    僕は小学6年生。いつも友達の山下と川辺と3人でつるんでいる。
    ある日、山下のおばあちゃんが死んだ。
    僕ら3人の頭に降って湧いた疑問--「死んだらどうなるんだろう?」 川辺が言うには町外れに生きる屍のようなおじいさんがいるそうだ。
    ぼくらの「おじいさんが死ぬ瞬間を見届ける」観察が始まった。
    でも僕らが見張りを続けるにつれて おじいさんは元気になっているような気がする。

    序盤は少年たちとおじいさんの見張りする側、見張られる側の合戦がコミカルに描かれ、とにかく笑いっぱなしです。
    だんだんと近しい間柄になり色々と話をしてゆくことで少年たちは逞しく成長してくるのです。
    それぞれに抱えた家庭問題などにも強く立ち向かえるようになります。
    そしておじいさんも少年たちに悪態をつきながら楽しそうなのが読んでいて心地よいのです。
    せつないエンディングではあるが 最後に山下君がつぶやく一言がずしんと胸に響きます。
    「死ぬ」とは「生きる」とは・・・子どもと老人の楽しいやりとりからしみじみと考えさせられる小説です。
    小学生などに是非読んで欲しいと思います。

    投稿日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「夏の庭 The Friends」のみんなの声を見る

「夏の庭 The Friends」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ママ、ママ、おなかがいたいよ / はっけんずかん むし / ともだちや / どうぶつさいばん ライオンのしごと / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 6
  • 大人 12

全ページためしよみ
年齢別絵本セット