話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

クリスマスまであと九日−セシのポサダの日」 まことあつさんの声

クリスマスまであと九日−セシのポサダの日 作:マリー・ホール・エッツ アウロラ・ラバスティダ
訳:たなべいすず
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1974年
ISBN:9784572002044
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,887
みんなの声 総数 21
「クリスマスまであと九日−セシのポサダの日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもの世界や感情も表現

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    ちょっと長いけれど、洋書で読んで面白かったので、
    子どもにも読んであげたくなり、図書館で借りて読みました。

    メキシコの文化って、お手伝いさんや、鳥を売る人など、
    日本ではあまりなじみがないのですが、
    ピニャータを割る映像はテレビで見たことがあったので
    少しイメージしやすかったです。

    アヒルと同じように冷たいお風呂に入り、
    アヒルの気持ちを想像したり、
    ピニャータがお母さんがいないときに話しかけてきたり、
    ピニャータが壊されるのが嫌で見ることができず、星と話せたり、
    クリスマス文化だけでなく、
    子どもの世界や感情も表現されていて
    とても面白かったです。

    投稿日:2019/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クリスマスまであと九日−セシのポサダの日」のみんなの声を見る

「クリスマスまであと九日−セシのポサダの日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

にじいろのさかな / とこちゃんはどこ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…
  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット