りんごのき」 オパーサンさんの声

りんごのき 作:エドアルド・ペチシカ
絵:ヘレナ・ズマトリーコバー
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1972年03月
ISBN:9784834003345
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,422
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く
  • じんわり心に響く

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    素朴な雰囲気の小さな絵本です。
    雪に埋もれたリンゴの木を見つけたマルチンは、「おもしろい棒が立ってるよ」とお母さんに言います。「リンゴの木よ」と答えるお母さん。
    それからマルチンは、実のなるのを心待ちにしてリンゴの木のお世話をします。
    うさぎにかじられないように金網を巻いたり、しおれてしまった木を心配して水をあげたり。
    マルチンの疑問にやさしく答えてくれるお父さんやお母さんが素敵です。
    こんな風に身近に、季節の移り変わりや自然界の不思議、収穫の喜びを感じられるのっていいですよね。
    淡々とした絵本ですが、じんわりと心に響くものがある一冊です。

    投稿日:2010/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「りんごのき」のみんなの声を見る

「りんごのき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / めっきらもっきらどおんどん / パパ、お月さまとって! / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット