まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

はじめてのおつかい」 ゆっきんぐさんの声

はじめてのおつかい 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784834005257
評価スコア 4.86
評価ランキング 47
みんなの声 総数 474
  • この絵本のレビューを書く
  • 息子が大好きな1冊

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    確か4歳くらいに息子に読んであげて以来、彼のお気にいりの1冊のようです。
    今回は、学校から「夏休みおすすめ」一覧に載っていて、息子が真っ先に選んで読んでいました。
    だから 意識してでは初めての(かな?)一人読み。

    私の、この絵本の「グっとくる」ポイントは、最後の場面。
    やっとかえりつく時に、お母さんが坂の下で待っていてくれている絵です。
    自分の子供の頃も、おつかいに限らず、帰ってくる頃に外でお母さんが待っててくれるって、すっごく安心するのと、「出来たよ!」って自慢げな顔をできる嬉しさ。やっぱり、自信を持って頑張れるのはこんなお母さんの存在のおかげなのかな。
    子供的には、はらはらどきどきなおつかいのお話に惹かれていると思いますが、母となって改めて思い出すおかあさんの姿。そんなことも感じさせてくれる素敵な1冊だと思います。

    投稿日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はじめてのおつかい」のみんなの声を見る

「はじめてのおつかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / ぐるんぱのようちえん / どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

全ページためしよみ
年齢別絵本セット