ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

岩波少年文庫 小さい牛追い」 おるがんさんの声

岩波少年文庫 小さい牛追い 作:マリー・ハムズン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\748
発行日:2005年
ISBN:9784001141344
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,105
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 疑似体験をしてもらいたい

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    ノールウェイの有名な作家が60年以上前に書いた物語です。
    作者の子どもたちがモデルだそうです。
    ノールウェイの農家が今でもこのような生活をしていないだろうし、まして日本の現代の子どもたちには想像もつかない生活です。

    女の子と男の子が2人ずつの4人の兄弟が、いきいきと描かれています。
    第一部は農場での生活が丁寧に書かれていて、何気ない毎日とどこにでもあるような兄弟の関係とそれぞれの子どもの性格が書かれています。

    第二部は、山の牧場へ家族で移り、村中から牛ややぎを預けられ世話をします。
    こちらは、どきどきするような出来事の連続です。
    ここから物語が始まれば楽しく読めるかもしれませんが、子どもたちの性格や関係が丁寧に書かれているからこそ楽しめるのです。

    最初は根気が居ると思いますが、このような物語を読んで、一緒に冒険し成長してもらいたいと思います。

    両親を助け、水汲みや薪割り、牛追いをするのが10歳と8歳の男の子です。
    読んでいると本当にそんな幼い子ができるのだろうかと思ってしまいます。
    両親も子どもたちを信頼して任せます。
    失敗しても叱ったりしません。

    子どもたちは自分がどんなに役に立っているか実感していきいきと仕事をしています。
    「人は、たのしいことも、つらいことも、あるがままにうけ入れなければならないのです」10歳の男の子がそう自分に言い聞かせています。

    でも、子どもらしいところもたくさんありました。
    8歳の男の子が書いた手紙はとてもつたないものです。
    今の日本の8歳の子はもっとしっかりと書きます。
    しかし、この物語の男の子たちはとても勇敢です。生きる力に満ち溢れています。

    男の子たちが牛追いでもらったお駄賃の使い道に泣かされました。
    妹たちやお世話になった人へ贈り物をし、お母さんにも欲しいものをなんでも買ってあげるといいます。
    お母さんは涙を流します。
    しばらく前に息子が、初めてもらったお給料でプレゼントを買うからねと言ってくれたことを思い出しました。
    その言葉だけで嬉しいお母さんの気持ちがよくわかりました。

    投稿日:2012/01/06

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 小さい牛追い」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 小さい牛追い」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • しぜんのおくりもの
    しぜんのおくりもの
     出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    『あおのじかん』の作者のスケッチ集。心ひかれる昆虫や動物や植物、自然からの崇高なおくりもの。


5月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット